太陽光発電で投資する

太陽光発電投資の特徴を知ろう

太陽光発電投資とは、電力会社に最長20年間売電可能な制度を利用した投資のことです。
本投資の特徴のひとつが安定収入。取引先が大手大企業であり、固定額で売電出来ることを国が約束しているため、毎年安定した高利回りが期待できます。
もうひとつの特徴は、社会に大きく貢献出来ることです。太陽光発電は二酸化炭素を放出しない仕組みなので環境問題に貢献しつつ、万が一災害が発生した際は電力を供給できます。太陽光発電投資は税金対策としても有効。最高で約4%の税額控除を受けられます。
国や自治体が運営している金融機関から低金利の有利な融資を受けられることも、太陽光発電投資ならではの特徴です。僅かな手持ち資金でもレバレッジを効かせた大型投資を行い、投資効率を飛躍的に高めることが可能です。

2種類ある太陽光発電投資

太陽光発電投資は、現物への投資とファンドへの出資の2種類存在します。
現物投資における投資対象はソーラー発電施設や土地などです。投資金額は最低3000万円で、物件によっては億単位となります。国が保証する売電期間は20年間ですが、そのあいだ税制優遇を受けられます。求められる手続きは土地の売買契約と発電施設の売買契約もしくはそのいずれか。業者間と取り交わすメンテナンス契約など複数あるため、スタートまで時間が掛かります。
ファンドへの出資における投資対象は、個人では購入出来ない大型設備や土地が基本。出資できる金額は最低100万円からです。投資期間は現物と同じ20年間まで望めますが、ファンドによっては途中で終了することがあります。現物投資とは違い、個人がファンドに出資した場合において税制面での優遇は受けられません。必要な手続きがほとんど必要無いため、参加ハードルは現物よりずっと低いです。