投資の特徴とメリット

太陽光発電投資の特徴を知ろう

太陽光発電投資とは、各大手電力会社が最長20年間安定電力買取することを前提とした投資のことです。取引相手が信用力のある電力会社であること、政府が買取支援していることなどが理由で人気に火が付き現在に至っています。
現在の太陽光発電投資は土地分譲及び貸借型投資と、投資ファンドへの出資の3種類存在します。
土地分譲型の特徴は、投資期間が終わった後もその土地を利用出来ることと、融資を受ける際に有利なことです。ただし毎年固定資産税が発生するため、土地によっては利回りが不利になります。
土地貸借型の特徴は、固定資産税が不要で投資終了後にパネル撤去などが不要なことです。ただし金融機関から融資を受けづらいという難点を持ちます。
投資ファンドへの出資は、前者2つの現物への投資に比べてハードルが低い点が特徴。最低50万円程度から出資できます。メンテナンスなどの煩雑な手続きが不要な反面、利回りの面で見劣りします。

太陽光発電投資のメリットとは

太陽光発電投資のメリットは、取引相手が大企業であることです。取引先が安定していることに加えて、固定価格買取制度のおかげで安定した利回りが期待できます。表面利回りは最大10%。マイナス金利時代において、二桁を上回る利回りを見込める投資案件は非常に貴重です。
もうひとつのメリットは、メンテナンスなどの負担を全て業者に任せられることです。当然、その費用は支払う必要がありますが、不動産経営における業務委託費用に比べると高くありません。
アパート経営などの不動産投資に比べて比較的簡単に融資を受けられることも、太陽発電投資ならではのメリットです。投資先物件が日照率などの点で合格していいれば、国や自治体などから低金利の有利な融資を受けられます。